新・ぐだぐだ日記Ⅱ



BLは正常な性衝動

※男としての視点です。


近年「腐女子」と呼ばれる女性たちが盛り上りを見せている。
「腐女子」とは、BL(ボーイズラブ・やおい)作品を信奉する人たちだ。

一般男性の中には、♂×♂の性行為が理解できないので、
BL作品に関して異常な奇行としてとらえ拒絶する人も多い。
もちろんヤマジュンなどネタとして盛り上がる場合は除く。


僕は、BL作品というのは正常な性衝動に基づいていると思う。


男性でも、いわゆる百合・レズといった♀×♀の性行為に興奮を覚える人たちが多い。
男がもって生まれた性(さが)は、裸の女性というだけで興奮してしまうので当然だろう。
さらに女性が二人いるというお得感もある。

基本的に、BLというのはそれを逆にしただけの話だ。
セクシーな男性が二人もいて、それが性行為に走るという姿は、
女性にとってはたまらないものであっても頷けるのではないか。



しかし現状では、ネット上で男性と思われる人たちはBL作品群をあざけった見方をする。
その様は、BLというものになんら理解を示していないものが多い。それはなぜか。


元来、女性は性に対して抑圧的でなければならない。

身体能力的に男性に劣るために身を守らなければならないのが1点。
それから射精して、すっきりして後に何の後遺(共通項である性病は除く)もない男性と違い、
女性は常に妊娠という大きな身体的変化(リスク)をもたらす可能性があるという点。
さらには男尊の名残で男性の所有欲に従う慣習もあるかもしれない。


男性は常に性に対して貪欲に求めていける環境にある。
AVしかり風俗しかり。圧倒的に女性向けのサービスを凌駕している。
ジャンルも豊富で、百合・レズなどは性を扱う中の1ジャンルとして埋没している。


もちろん、♂×♀という性行為であるので女性にも共通項が多い。
男性が享受しているジャンルにも女性が迎合できるものが多数あるに違いない。

BLは、ただその共通項からはみ出しているだけなのだ。
男性の性社会のほんの1ジャンルであるレズ物。その逆であるだけ。



…ここまで書いた所で力尽きる。
相変わらず結論がない。

ううむ、要するに男性も拒絶ばかりせずにBL作品を認知すべきだと思うんです。
もちろん同性の裸に欲情しろと言ってるのではない。
「腐女子」を気違いのごとくあざけるのではなくて、正常な性衝動として理解すべき。
百合・レズものが異常であるとする人は仕方ないけど。

「腐女子」の皆さんも自己嫌悪に陥らずに頑張って欲しいものです。
いや、自虐的な文化は嫌いではないけど。


女性同士のハァハァしたものがアリならば、
男性同士のシコシコしたものもアリではないか。
具体的にすると極論に見えるな…w


まぁ、一番の問題は男性的観点に毒されて(?)しまっている一般女性と呼ばれる人たちであるかもしれないが。





ちなみに僕はBLものでは興奮しません。
極力女性に置き換えて読みますが、さすがに限界がある。



いつものように締まらずに終わり。
[PR]
by kudamb | 2008-09-23 10:05 | 考える人(考察)
<< yes we canについて 公務員改革は >>

エボリューション!!
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30