新・ぐだぐだ日記Ⅱ



FamiliyFight 3


「はい、とーさん。ここに押して」
「お父さん、この印鑑ですよ」
「うむ、うむ。」


「おとーさんズレたりしないようにね、ヅラだけにw」
「こら!あんたはだまってなさい!」

「2人ともだまっとれーーーぃ!!」


『はぃ・・・』





「これで、よし・・・と」
「どうもご苦労様でした。」
「おじいちゃん疲れたですか?」
「やったわね、あなた!」
「にゃー」










波平「うむ、わしもやっと肩の荷がおりた。あとはしっかり頼むぞ、マスオ君」



ワカメ「頑張って、マスオさん!」
タラ「パパしっかりですー」
カツオ「マスオさん、ちょっと頼りないけど期待しているよ」
サザエ「こらカツオ!」
波平「2人ともやめんか」
フネ「そうですよ。おめでたい時なんですから」







マスオ「・・・・・・ククッ」




タラ「パパどうしたですか?」
タマ「にゃー」





マスオ「プ・・・プフ・・・フハハハハハハ」




サザエ「どうしたのよ突然」
ワカメ「なに、なに?」




マスオ「フハハハハハハハッハハハ!!」
タマ「にゃーー!」



波平「一体どうしたんだねマスオ君」




マスオ「見て分かりませんか?お義父さん。これが笑わずにいられるわけないでしょうw」




波平「何のことだね」


マスオ「この時・・・この時を待っていたのですよ、お義父さん。僕はこれで一番の存在となった。これまでにどれほど耐え忍んできたか。もう誰にも邪魔はされない!」


フネ「マスオさん・・・」
サザエ「あなた・・・」
タラ「パパいつもと違うですぅー」


マスオ「黙っとけお前達。僕は家長だぞ?この家も庭も全て僕のものだ。みんなひざまづけ。そして一番の存在である家長の僕を崇めるんだwww」



カツオ「マスオにーさんどうしたんだよぅ。いつものマスオさんに戻ってよぅ」
ワカメ「ど、どうしよう@@@」




波平「ふん、化けの面をはがしたか。まさか野心家だったとはな」


マスオ「そうですよ、お義父さんwさあ、早くひざまづいてもらいましょうか、お義父さん、いや波平ぃぃ~!」



フネ「お父さん・・・」
サザエ「あなたー、とうさーん(泣」





波平「はっはっはっはっはっ




マスオ「何がおかしいんですか」




波平「お前もとんだ男だな。勘違いしているようだ。いいか、よく聞け。わしを家と土地だけの男だと思ったら大間違いだぞ。お前のような雑魚にすくわれる足なぞ持っておらんわ」




マスオ「波平!貴様!!」




波平「ふん、せいぜい今のうちに天狗になっておくんだな」
タマ「にゃ~」









~続く~
[PR]
by kudamb | 2005-12-10 11:38 | 日々生きてる人(日記)
<< 久嶋美さち・・・んん?? さむい >>

エボリューション!!
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31