新・ぐだぐだ日記Ⅱ



W

サッカー日本代表が北朝鮮との試合に勝利し、ドイツW杯出場一番乗り。な日でした。



前半は鈴木がポストとして機能していなかった。
でも後半大黒と交代した事で日本の戦術がガラリと変わり、
柳沢の得点に繋がったという意味で、鈴木先発は意味があったと思った。
実際は普通に体が重そうな感じがしましたけどねw

TV観戦の感想としては、まず中沢の頑張りが目立ってた。
フィジカル強いし、突破されない。北朝鮮の右サイドはつらかったろう。
日本の右サイドは、僕的には三浦に出て欲しかったが、加地の攻撃は良かったです。

ほんと、バーレーン戦とは全く違った日本の良さが出た試合だと思いました。


相手の北朝鮮はかなりのもどかしさがあったっぽいですね。
試合終了間近のキムヨンスの行為とか苛立ちがすごい出てた。
実際体のキレがなかったぽいから、気持ちについていけない自分の体に苛立ってたのではないだろうか。
キムヨンスをなだめてたリハンジェは大人だと思った。
前半にあれだけウザイプレーをしてた彼は最後まで冷静でした。
そういう意味で大人だったなー。


審判は保身的で好きになれなかった。




それよりも(って言ったら怒られそうだけど)スペインvsボスニア戦はすごかった。
ボスニアが前半の終わりに得点して、それからずっとスペインの猛攻に耐えてました。


そこまでは良かった。そこまでは。


スペインはリーグ2位で1位のセルビアと勝ち点で並んでました。(どちらも3勝3分0敗)
そこで5位のボスニア・ヘルツェゴビナとホームで戦い、勝てば磐石の1位でした。

そんな状況でボスニアが先制。



スペインはかなーーーーーーり焦ってましたね。
ミドルシュートを打たされたり、強引な突破を計ったり。
ボスニアはそのまま守っていれば勝利を手中に収める事ができたのに・・・。


後半も佳境に入り、勝利は確実かって所で遅延行為を何度もしました。
当然イエローの荒らし。2人も退場。一人はシミュレーションでしたけど。


さらにロスタイムが6分という。


スペインは結局ロスタイム残り20秒(後半45分から既に5分40秒経過)でゴール。引き分けに追いつきました。



遅延行為までして引き分けてしまって。さらに退場者2人に次回出場停止数名。
ボスニアは勝ち試合を遅延行為によって逃したと言っても過言ではないと思う。



キムヨンスといい、ボスニアの選手たちといい。
もっと堂々としてればいいのにって思いました。


サッカー代表戦は大きな国際試合なんだから、もっと選手の教育をするべきですね。
倫理意識が欠けてる。考えの浅いプレイヤーが多いと思います。プレイに関する考えじゃなくてね。
もっとクレバーで紳士的にやって欲しいものです。
[PR]
by kudamb | 2005-06-09 14:47 | 日々生きてる人(日記)
<< ぱろっと? ぱんく? >>

エボリューション!!
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30