新・ぐだぐだ日記Ⅱ



yes we canについて

今日バラク・オバマの演説が行われるそう。

「Yes we can!」(そう、私たちはできるんだ!)


強い意志を感じると共に、皆へ呼びかけ、共感を得る稀な名言だと思う。
彼は伝道者ですか導師ですか。

「Yes I can」(私はできる)との違いは本質的にはほとんどないでしょう。
ただ、みんなでやるんだ、との気概を有権者が感じたのは事実。
怖いのはこの名言の埋没です。


政策やゴシップなどで政権が揺らいでしまったとき、
ないとは思うが、何らかの責任をweつまり有権者にも押し付けてしまう事になってはならない。
「みんなでやると言ったじゃないか」それはそうだけど。
自分の施策を他人に転嫁しては名言が雑言に替わってしまう。

オバマはそういうことはしないと思うけど。

大事なのは、支える有権者の気概がどこまで続くか、続かせられるか。

政治は政治家だけのものにあらず、主権者が代行者に預けるものではない。
責任転嫁はダメだけど有権者に喚起する事は必要。
難しいものです。


僕らも有権者の義務を果たさなければならない。
政治について責任を負い、鋭い眼で観察し、判断しなければならない。
それは1人1人に言えることです。


という事が結論かな。
オバマ大統領、果たしてアメリカ国民をどこに導くのか。
箱は開かれようとしています。
[PR]
# by kudamb | 2009-01-20 17:28 | 考える人(考察)

BLは正常な性衝動

※男としての視点です。


近年「腐女子」と呼ばれる女性たちが盛り上りを見せている。
「腐女子」とは、BL(ボーイズラブ・やおい)作品を信奉する人たちだ。

一般男性の中には、♂×♂の性行為が理解できないので、
BL作品に関して異常な奇行としてとらえ拒絶する人も多い。
もちろんヤマジュンなどネタとして盛り上がる場合は除く。


僕は、BL作品というのは正常な性衝動に基づいていると思う。


男性でも、いわゆる百合・レズといった♀×♀の性行為に興奮を覚える人たちが多い。
男がもって生まれた性(さが)は、裸の女性というだけで興奮してしまうので当然だろう。
さらに女性が二人いるというお得感もある。

基本的に、BLというのはそれを逆にしただけの話だ。
セクシーな男性が二人もいて、それが性行為に走るという姿は、
女性にとってはたまらないものであっても頷けるのではないか。



しかし現状では、ネット上で男性と思われる人たちはBL作品群をあざけった見方をする。
その様は、BLというものになんら理解を示していないものが多い。それはなぜか。


元来、女性は性に対して抑圧的でなければならない。

身体能力的に男性に劣るために身を守らなければならないのが1点。
それから射精して、すっきりして後に何の後遺(共通項である性病は除く)もない男性と違い、
女性は常に妊娠という大きな身体的変化(リスク)をもたらす可能性があるという点。
さらには男尊の名残で男性の所有欲に従う慣習もあるかもしれない。


男性は常に性に対して貪欲に求めていける環境にある。
AVしかり風俗しかり。圧倒的に女性向けのサービスを凌駕している。
ジャンルも豊富で、百合・レズなどは性を扱う中の1ジャンルとして埋没している。


もちろん、♂×♀という性行為であるので女性にも共通項が多い。
男性が享受しているジャンルにも女性が迎合できるものが多数あるに違いない。

BLは、ただその共通項からはみ出しているだけなのだ。
男性の性社会のほんの1ジャンルであるレズ物。その逆であるだけ。



…ここまで書いた所で力尽きる。
相変わらず結論がない。

ううむ、要するに男性も拒絶ばかりせずにBL作品を認知すべきだと思うんです。
もちろん同性の裸に欲情しろと言ってるのではない。
「腐女子」を気違いのごとくあざけるのではなくて、正常な性衝動として理解すべき。
百合・レズものが異常であるとする人は仕方ないけど。

「腐女子」の皆さんも自己嫌悪に陥らずに頑張って欲しいものです。
いや、自虐的な文化は嫌いではないけど。


女性同士のハァハァしたものがアリならば、
男性同士のシコシコしたものもアリではないか。
具体的にすると極論に見えるな…w


まぁ、一番の問題は男性的観点に毒されて(?)しまっている一般女性と呼ばれる人たちであるかもしれないが。





ちなみに僕はBLものでは興奮しません。
極力女性に置き換えて読みますが、さすがに限界がある。



いつものように締まらずに終わり。
[PR]
# by kudamb | 2008-09-23 10:05 | 考える人(考察)

公務員改革は

人件費削除だけすればいいと思われてるように感じるけど
一番大事なのは人材育成じゃないかな。

もっと事務吏員の専門的(地域密着的)、総合的能力の向上を見越した
人事異動なり研修なりをやっていく必要を感じる。
場当たり的な人事異動ではなく、その人の資質を見抜き、最終的にどんな仕事でどんな成果を得る人物に育てるのかを見越した長期的な育成をすべき。

また出先機関などは地域密着化を進めるために長期に渡る或いは生涯同じ業務につく事も必要だろうと思う。
その際重要なのはその業務の透明性なんだけど。
預けなどのような裏金を生み出せない制度を作らないと無理でしょう。
専門的に業務を長期的に担う事によって、今まで慣行どおりの事務手続きをなあなあとしていたものを、新たなアイデアで変えられたりできるのではないか。
まあそれはその人の資質いかんなので、
当然短期的な異動も柔軟にやっていく事も必要だけど。

いつものように何がいいたいか分かりづらいところで終わり。
[PR]
# by kudamb | 2007-10-23 16:40 | 日々生きてる人(日記)

夢で3年後の知事選を東国原氏と争った一場面。

ZZZ

ZZZzzz

ZZZzzz...


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


司会者「さて、それでは観光についてお二人の考えをお聞きしたいと思います。まずkuさん。」

ku「はい。私はこういったことを提案します。」

c0070103_156888.jpg



司「ん?これは宮崎のミに丸ですか?」

ku「そうです。」

司「これはどういったものなんでしょうか。」

ku「今現在、多くのみやげ物のような観光商品に東さんのマークが貼っています。」

ku「しかし、みなさん気付いているでしょうか。あの商品たちには県外の業者さんが沢山関わっている事を。」

ku「商品開発力のある県外の有力な企業が県内の業者を圧迫しています。」

ku「そこで、わたしは『ミぐるみ運動』を推進したいと考えているのです。」

ku「ミは宮崎のミ。つまり原料の生産から販売流通にいたるまですべてを県内の業者さんが関わっている商品を増やしていこうという運動です。ぐるっと囲む、だからミぐるみです。」

ku「それで、そういった商品にはミぐるみシールを貼り、県を挙げて応援しブランド価値を高めます。」

東「それでは、県外の業者はすべて排除するという事ですか?」

ku「そうです。県外の業者さんには県内での製造販売をお願いし、支社や工場を県内に作っていただきます。そういった場合にはちゃんとシールを発行しようと。」

東「うーん、なんかですね、『ミぐるみシール』っていう語呂が身ぐるみ剥がれ・・・・」

ku「STOP!!オチを言わないでください。」

ku「このシールは県民が一丸となる象徴的なものにしていきたいのです。」

ku「だから、このシールを剥がそうとする人にはこう言うのです。『身ぐるみ剥がないでね♡』」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ZZZzzz...

ZZZzzz

ZZZ

( ゚Д゚)・・・


まあ、これ以外の場面では東氏にこてんぱんにされる想像しかできませんでした。
支持率、7月時点で95%だそうです。
県民がまとまる事はいいのですが、せいぜい翼賛会にならないようにしたいです。

僕はあくまでもアンチ知事でいきたいと思います。
彼が失墜した時にはもちろん、応援します。
[PR]
# by kudamb | 2007-09-18 15:27 | 日々生きてる人(日記)

ふと思ったこと。

「何でもない」、という時。

それは、色々言いたい事があって、それを言葉にできない時だ。


「ありがとう」以外にもたくさん、感謝の言葉を言いたいのに言えない時。
「ありがとう」の言葉も飲み込んで、「何でもない」。


「何で・・」、相手を責める言葉しか浮かばない時。
相手を傷つけたくないから、「何でもない」。


「何を言えばいいか分からないけど」言葉にできない言葉。
もどかしさを感じながらも「何でもない」。






「何でもない」、を言われる時、注意しなければならないのは
余計な詮索をしない事だと思う。


「何でもない」を裏返せば「何かある」、と勘繰るのはそれは間違っていて、
やっぱり何でもないから「何でもない」んだ。


相手が考えている事をぼんやりと想いながら、その気遣いに浸ってみるのはどうだろう。
[PR]
# by kudamb | 2007-05-26 12:37 | 日々生きてる人(日記)

スパイダーマンヨ

3がヨに見えて仕方ないです。
メディア表現の重要性を感じます。


こじつけから始まったけど、
宮崎の東国原知事への支持率が90%近いそうです。
この熱烈ぶりの一因には間違いなく、
知事のプロパガンダにまんまと利用されたメディアにある。と思う。


自分の生活を、1人に盲目的に委ねていいものだろうか。
もっと冷静になって欲しいものだ。


現代の大衆迎合のメディア環境が衆愚政治を誘発させる、させている危険性はとても高い。
みのもんたの怒ったり泣いたりする演出に惑わせられたりしていないだろうか。
1ヶ月1万円の料理上手な芸能人を尊敬したりしてないだろうか。



民主主義原理にのっとている現代社会では、
一人一人が、
もっとメディアに対する力をつけなければならない。
[PR]
# by kudamb | 2007-04-20 20:42 | 日々生きてる人(日記)

本意

前エントリの続き。

原理を貫こうとすると、よくも悪くも本質が見えてしまう。
実はそれが一番の狙いで、
民主主義が完全無欠ではない事を
広く知らしめる必要があるのではないか。

アメリカという国は成立過程からして民主主義にどっぷりなんだけど
果たして、その思想は盲目的に信じていいものなのか。



民主主義だけに言えたことではなくて、
法治主義にも、多くの社会通念上の常識というものにも言えるだろう。
原理に立ち帰り、懐疑的な目で見つめ直すという事が
世の中のシステムの進歩に大きく役立つのではないかと思う。
[PR]
# by kudamb | 2007-01-06 18:04 | 日々生きてる人(日記)

日本国憲法の改憲について

日本国では戦後60年間に、圧倒的に優勢に立っていたのが改憲派政党だった。
しかしついぞ改憲される事はなかった。
それは第96条1項による規定、両院3分の2以上の賛成と国民投票で過半数という
憲法条文が現代社会に対しよっぽどの乖離がない限り改憲されないような厳しいものとなっている。

しかし、近頃の護憲派の凋落により、憲法改正が現実のものとなりそうだ。
その第一は「国民投票法案」により、憲法改正手続きをマニュアル化することである。
この法案次第では与党過半数でも国民投票にもっていけるようになるかもしれない。


最終的には第9条の軍備放棄条項についての改正となるだろう。



だからそれに備えて、僕ら国民は憲法についてよく勉強するべきだと思う。
果たして改正をしていいのかどうか。
改正をした後、それを愛し護る事ができるような憲法になっているかどうか。
それともそぐわない事例が出てくる度にコロコロ変えるべきなのか。
意思統一はしなくていい(というより現実的ではない)けど、
日本国としての指針はあってよいものだと思う。
今のところGHQより欽定されたこの憲法は、用意に変えるべきではないという事になっている。
僕も、国の大本である憲法はそうそう簡単に変わるべきものではないと考えている。
だから護憲か、といわれると、もっと困るのだが。
現実問題にそぐわない部分、具体的には新しい人権や平和主義が、
改正されてしかるべきものか。



憲法前文にはこうある。一部抜粋。
「日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した」

ようするに、諸外国の人たちを信頼して、日本は軍隊を持たないと書いています。
と、いうと、過去の改憲論者に解釈が間違っている(軍隊は持てるんだ)といわれそうだけど。
ぶっちゃけ、そういった意味で、他意は全くないといって差し障りないと思う。
こう書いてある以上、北朝鮮の国民やアメリカ国民、イラク国民などを信頼していない日本国民は全て「違憲」と断じる事ができる。


現実問題との乖離、果たしてどれくらいあるんだろうか。
僕は改憲するのであれば徹底的にしてほしい(民主主義の厳密化も含めて)と思っているが
護憲であれば自衛隊は解散してほしい(災害救助隊と名を変えてほしい)と思っています。



どっちでもいいんだ。
ただ、憲法を裏切る真似をこれ以上繰り返したくない。
憲法原理主義といおうか、もっと条文によった生活を送る必要があるように思う。
僕は無宗教(無数宗教)だけど、なんにでも原理主義は通用すると考えている。
民主主義だって、原理的に考えれば今の選挙運動など利権主義のやり口は大いに不満だ。


話それた。
ようするに、みんなで勉強しましょう。
保守や革新、右や左なんて枠は関係ない、どうでもいいよ。
[PR]
# by kudamb | 2006-12-31 13:48 | 日々生きてる人(日記)

U2・ボノ来日


U2が日本に来てREDキャンペーンの啓蒙活動をしました。


↑英語のサイトです。


要するに商品の代金の一部がアフリカHIVの支援金になるというもの。
ホワイトバンドよりは実態がありますね。
飛びつく企業もある事でしょう。




彼を支援するわけじゃないけど、
HIV/エイズについて資料を持っているので
ちょっと数字を挙げてみます。
サハラ以南のアフリカの国は赤字で示しますね。


こっちで書いてあるけど、ソースは世界全図‘05版です。




○地域別の感染者数

サハラ以南のアフリカ・・・2810万人
②南アジア・東南アジア・・・・610万人
③南アメリカ・・・・・・・・・・・・・・140万人
④東アジア・太平洋諸国・・・100万人
⑤東ヨーロッパ・中央アジア・100万人
⑥北アメリカ・・・・・・・・・・・・・・94万人
⑦西ヨーロッパ・・・・・・・・・・・・56万人
⑧北アフリカ・中東・・・・・・・・・44万人
   ・
   ・
   ・


世界計で4000万人となっており、大体7割がアフリカ南部に集中してます。


○国別感染者数

南アフリカ・・・・500万人
②インド・・・・・・・・397万人
ナイジェリア・・350万人
ケニア・・・・・・・250万人
ジンバブエ・・・230万人
  ・
  ・
  ・


アフリカの大国はやっぱり感染者数が多いです。
他にはナイジェリア・ケニアと同じくエチオピアやコンゴなど中部あたりの国も多いです。
ちなみに、日本は1.2万人、アメリカは90万人、イギリスは3.4万人です。



○国別成人(ここでは15歳以上50歳未満)感染率
 ()内は子どもなど含めた感染者数。

ボツワナ・・・・・・38.8%(33万人)
ジンバブエ・・・・33.7%(230万人)
スワジランド・・・33.4%(17万人)
レソト・・・・・・・・・31.0%(36万人)
ナミビア・・・・・・・22.5%(23万人)
ザンビア・・・・・・・21.5%(120万人)
南アフリカ・・・・・20.1%(500万人)
ケニア・・・・・・・・15.0%(250万人)
マラウィ・・・・・・・15.0%(85万人)
モザンビーク・・・13.0%(110万人)



目が痛くなった方すいません。
ようするにアフリカ南部のHIV/エイズ感染率が群を抜いて高い事に
みんな問題視しているわけです。


インドの感染率は0.8%、日本は0.02%、アメリカ0.6%、イギリス0.1%。


こういう国は平均年齢も低い。
ボツワナ39歳、ザンビア38歳、マラウィにいたっては34歳。
日本は81歳アメリカ77歳・・まあこれはいいか。




社会的に破綻しかねない感染率はどうにかしないといけないでしょう。
レイプ日常化や医療機器の衛生管理など、問題が山積してます。
今度ワールドカップが開かれそうな南アフリカの最大都市のウィキペディア見てみてください。
集団レイプが当たり前の都市・ヨハネスブルグ



印象操作しすぎかもしれないけど、危機である状態だと思いますよ。
[PR]
# by kudamb | 2006-12-03 17:22 | 日々生きてる人(日記)

ピンポンという番組を観て

今日付けのTBS「ピンポン」を観ておかしいと思った事。

地元について言及があったので反応するんですが
大垣市の「金のしゃちほこ盗難事件」で税金の無駄遣いだと
城型の公共建築物について激しく非難をしていました。

その中で「宮崎のダム管理事務所」なるものが槍玉に上がっていたので。

まず、写真からして瓜田ダムの事だろうと思うんですが
これって実は公園なんですよね
ダムを公園化する事業の中の一環ってわけ。
そりゃ、管理事務所だけの建造物を城にするわけないやろうが。


城にすることが税金の無駄遣いじゃないと反論しているわけではなくて
情報を正しく伝えろと、思うわけです。

このフリップをめくるまえに福沢アナ+安東アナは
「縁もゆかりもない所に城を作って」とか言ってたけど
瓜田ダムは一応「穆佐城」(むかさじょう)という、戦国期に重要な拠点があった所にゆかりがあるわけで。
ただの「ダム管理事務所」としているのと合わせて誤りである。




今日のこの番組の冒頭は小六の出会い系掲示板による失踪事件だったんだけど
それに関連して福沢アナはメディアリテラシーと教育について語ってた。


その20分後にこうやって、メディアリテラシーの必要性を感じさせる事をやってくださるなんて
どうなってやがるんでしょうかね。
TVが検証を怠ってるからメディアリテラシーが必要になるんやけど・・・。
構成とか流れとかに逆らわないように、情報を印象操作するメディアの体質を
いい加減なおして欲しいものだ。
[PR]
# by kudamb | 2006-10-26 13:48 | 日々生きてる人(日記)

エボリューション!!
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30